2005年11月20日

大阪物語G(デート篇 Part 1)

さてさて、日曜日も、まもなく終わりで明日からまた仕事・・・。
今日は寝たり起きたりネットしたりと、ダラダラと一日を
過ごしていました。

気分もちょっと落ち着いてきたので、大阪物語Gを書こうかと。




さてさて、マー姉ちゃんの妹達と合コンをし、
何気に「第一印象イイモン同士(?)」で、しかもマー姉ちゃんから
「脈あり」かもよ〜って言われると、ツイツイその気になってしまうのが
悲しい男のサガですよね〜。

んで、マー姉ちゃんから実家のTEL番を聞いて、早速TEL。
マー姉ちゃんは一人暮らしだったので、妹とは別生活。


電話は、緊張したよなぁ〜。なにせ、当時は携帯なんて全然普及していなかったし、
ポケベルがメインの時代でしたからね〜(笑)。


んで、TELしたら、マー姉ちゃんの下準備があったかどうかは
わからないけど、本人が電話に出てくれました。

「あの・・・良かったら今度遊びに行きませんか?」ってね。

んで、OKもらったまでは、いいんですが、私は大阪での
デートスポットなんて知りません!!

エキスポは、彼女の家から遠いし、ミナミを歩くにも地元人には
敵わないし、ましてや映画なんぞ観に行った日には、時間の無駄。
だって、初めてのデートで2時間も話せないなんて、寂しいじゃないですか!!

水族館も考えましたが、やっぱり移動時間がかかるので、散々悩んだ挙句、
「天王寺動物園」に決定〜!!

かなりベタな行き先ですが、当たり障りないし、20過ぎて動物園って、
結構懐かしく感じていいんですよね〜。

彼女の家からも近いし、移動も短時間。お腹がすいたらミナミにいけば
いいし・・・。
まさにベストな選択〜v( ̄ー ̄)v


で、こっからがまさに恋愛の醍醐味!!

もうね〜、毎日毎晩TELしまくりですよ(* ノノ)キャ
しかも長時間・・・。お互い眠気の限界まで・・・。

そうだなぁ〜例えていうならば、昔「少年ジャンプ」で
掲載されていた「キックオフ」の主人公とその彼女。
(ちなみに「キックオフ」は、馬鹿馬鹿しいぐらいラブラブな漫画です・笑)。

まぁ、あの漫画を読んだことがある人なら、saki達がしていた会話の内容は
わかりますよね〜(笑)。

読んだ事の無い人には、なんて言ったらいいかなぁ〜。
「ワンダのレポみたいな気持ちでした〜」かな?


で、デートの当日は、もうドキドキでしたね〜。
なんせ、恋愛するの久しぶりでしたから・・・。

おまけに連日連夜ラブラブ電話ばっかりしていましたから(笑)。

待ち合わせって好きなんですよね〜。

待っている間って「今日は楽しく過ごしたいなぁ〜」とか思うし。
とにかく心躍るというか、視界にフッと相手が入った時のあの感動!!
たまらなく嬉しいですよね〜!!


でねっ、でねっ・・・(あぁ、もう止まらない・・・)
初のデートだったけど、ラブラブ度はMAXな二人な訳ですよ!!

もう、心臓バクバク、明らかに顔の表情が緩んでしまって
いるのを自覚してしまっていましたね〜。(いいじゃんよ〜!!それぐらい想いが募っていて、会えるのが凄く嬉しかったんだからさ〜!!)



そんなこんなで、時間通りに彼女が登場〜!!

キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !


め、めっちゃ、かわいい・・・。

ひと目あっただけなのに、恋心全開!!
もはや気持ちは「彼女の為なら死ねる」状態。

そんな訳で、完全に心を奪われてしまった、sakiのドキドキデートの始まりです。


Part 2へ続く・・・。



posted by saki at 23:56| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 大阪物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
・・・暴走モード突入っすか?(笑)

ひそかに大阪物語のファンだったりします
いぁぁ、
人の恋愛話ほど
興味深いものはないからねぇ。

すだちも
過去の恋愛話を
よく、人に語ってますよ
ネット上では決して公開できないような・・
(どんなだよっ
Posted by すだち at 2005年11月21日 00:52
こんばんは〜。

大阪物語ファンですか・・・めっちゃ照れるんですけど(笑)。


あの時は、もう、暴走モードを通り越し、シンクロ率400%で「LCLの海の中」状態ですよ(謎)。

この大阪物語って、実は今もツルンでいる友人も詳細は知らないですから、結構楽しみにしてくれてます。

やっぱりsakiの素性を知っている方々にとっては、数倍面白く感じていると思います。

完全にノンフィクションですから、書いていて凄い恥ずかしいけど、自分の恋愛経験を糧に、みんなの恋愛も頑張ってもらいたいなぁ〜って思うし。

すだちさんの過去の恋愛・・・。
凄く知りたいっす〜!!あのホクトベガの文章力を持って書いたら、sakiはティッシュではなくてバスタオルで涙をぬぐいますよ・・。てか、泣ける話なのやっぱ??


これからも赤裸々に大阪物語を書いていきますので、お楽しみに〜。
Posted by saki at 2005年11月21日 01:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。