2005年11月07日

大阪物語C(厨房編)

ええと、スンゴイ久しぶりに書きますわ。

携帯失くしちゃった事がきっかけに、久々に当時の友人達と
連絡をとった訳でして、やっぱりsakiの第2の青春期だったんで、
書かずにはいられないんですよね〜。

さてさて、どっからだっけ??
おぉ〜、タァちゃんの話だったな・・・。

タァちゃんと言えば「長渕剛」。んで曲は「順子」。
よく歌っていたなぁ〜厨房で(笑)。



さてさて、タァちゃんの次は、同じ厨房に配属していた「たっちゃん」。

たっちゃんは、いわゆる「プチ・アキバ系」かな?
もうね、詳しい・詳しい!!(笑)。

「超時空要塞マクロス」のリン・ミンメイの声優をした
飯島真理のライブに行った事が、凄くいい思い出です。
「愛・おぼえていますか」を歌ってくれなかったのは残念(泣)。

ちなみに、たっちゃんの女性関係は知らないっす・・・。
今は、どうしているのかなぁ〜??


お次は、sakiと同じバイトで1つ年上の「ナグさん」。
ちょっと、福山雅治に似ていました。かなりいい男でしたよ〜。
タァちゃんの様な熱い漢ではなく、全く正反対の優しさ全開の人でした。

ちなみに、ライ姫に密かな想いを寄せていて、厨房ではタァちゃんに
対する視線が怖かった・・・ ((;゚Д゚)ガクガクブルブル

みんな、歳が近かったんで、sakiが配属していた厨房はいつも
明るい雰囲気で楽しかったです!!
ま、ライ姫・タァちゃん・ナグさんの△関係は、凄かったですが・・・。


さてさて、厨房ではまだまだ個性豊かな人たちがいました。

中国映画でよく登場する料理人に容姿がそっくりな主任
(純・日本人です)とか。
怪しげな中国語を話すと、絶対にみんな間違えます(笑)。


天皇賞・春の勝ち馬を「夢のお告げ」で的中させた、揚げ物担当の
「ムラ」さん。
凄かったなぁ〜、あの予言は・・・。

ムラさん「saki君、saki君。夕べな、夢でライスシャワーが後ろ脚で
     二本走行して、Vサインしながらゴールした夢を見たんよ!!」
saki  「あはは〜!マジっすか??当たったら凄いっすね」

この話は木曜日だったよな〜。んで月曜日、単勝1万円勝負していた、
ムラさんは「神」の称号を得る(笑)。
しかし、そのお告げが的中したことは、その後は無い・・・(爆)。


今でもsakiがバイトしていたお店は健在しています。
もう、当時のメンバーは居ないだろうな〜。
でも、メニューはまだ残っているだろうから、
また大阪に行ったときは、寄ってみたいと思います。

懐かしい味に涙するかも・・・。゚(゚´Д`゚)゚。
でも、値段高いんだよね・・(ノ_-;)ハア…


さて、これで、厨房編は終わりです。
お次は「ホール編(第1期)。」

登場人物は、ライ姫・マー姉ちゃん・アッサン(後のライ姫の彼氏になる人)と
sakiの4人の話です〜。



posted by saki at 20:59| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。