2006年04月01日

大阪物語・U(9人のきっかけ)

久々だ〜!!大阪物語!!「T」とは違う内容だけどね。

Uは、saki個人のネタでは無い部分もあるんで、
慎重に書かないとなぁ〜って妙なプレッシャーがあって、
なかなか、書けなかったんですよね。

でも、まぁ、いっかぁ〜ってノリになちゃったんで、
書いちゃいます(笑)。

さてさて、この9人が出会ったきっかけですが、
バイト先の店長だったか、統括マネージャーが
変わってから、男のホール担当のバイト君を
入れるようになったのが、そもそもの始まりなんです。

今まで、男のバイトって厨房だけで、ホール担当は
みんな女性だったんですよね〜。

ですんで、モリ&SEが、ホール担当としてバイトに来た時は、
嬉しかったっす〜。
だってね、女だらけの職場って色々と気苦労があったんで(爆)。


んで、これまた、SEがイイ男でね〜!!
一躍、バイト内で有名人に。

で、部署の違う、凛ちゃん・浦さん・成さん・円・中ちゃん・
部ちゃんが、バイト終了後に、saki&モリ&SEの
部署に来るわけです。

で、キャーキャー騒ぐわけですよ(笑)。

んで、まぁ、みんなで飲みに行くことになって、その場で一気に
みんな仲良くなったんです。

特に、浦さん・成さんのSEへの熱の入れようは凄かった(笑)

はじめての飲み会で、sakiは歌って踊って、他の人の歌に合わせて
バックダンサーを勤めたり、とにかく、ハチャメチャな
第1回目の飲み会でした(笑)。

以後、sakiの「歌って踊るカラオケ」は定番になりました(照)。


で、ここで、ちょっとだけ当時の人間関係を・・・。
(ほぼ間違いないです)

成さん⇒SE、モリ⇒部ちゃんってトコでしたね(笑)。

その他のみんなは、特にそういった感情が無かったので、
変にややこしくならなかったです。
だから凄く長い期間、みんな仲良しでいられたんだと思う。

とにかくね〜、8畳洋間のsakiの部屋で、みんなで鍋を
やったりしてました。
大阪の人って、ホント鍋パーティーが好きなんですよね〜。

とにかく、鍋・鍋・鍋でした。
食材は、バイト先から殆ど貰ってていました(笑)。


今まで「彼女・最優先主義」で、友達付き合いってあんまり
してこなかったsakiだったのですが、
「彼女がいなくても、こんなに楽しい時間が過ごせるんだ〜!」って
マジで思いましたね。

友情ってすばらしい〜!!って思いました。

学校⇒バイト⇒飲み&カラオケでオールナイト⇒sakiか
モリの部屋でみんなで雑魚寝。ってパターンばっかりでしたね〜。

男女入り乱れての雑魚寝だったんですけど、
なんも無かったですよ〜!!
(sakiの知る限り多分ね。当然sakiは、なんもしてないっす!!)

それぐらい、みんな仲良かったですね〜。


あ、でも、ぶっちゃけ、sakiの部屋で2人っきりで夜を明かした事が
ある人が6人中2名いたりする(マジ)。
でも、マジで本当になんも無かったですけどね〜!!

1人は、浦さん。彼氏と色々あって一晩中慰めてあげた時。

もう一人は、凛ちゃん。
凛ちゃんのお母さんのご好意で、晩御飯のおかず&お酒を
届けにきてくれて、そのまま泊まってしまった、凛ちゃん。

しかも凛ちゃんのお母さん、
「帰るの面倒だったら、saki君家に泊まってきない」って
言ったんですよね〜!!

すげーよ、お母さん!!年頃の男女に一夜を勧めるとは・・・。
ちゅ〜か、sakiを男としてみていない??(笑)。

あれ?凛ちゃん素直に泊まったよな??
ま、まさか、凛ちゃん・・・(今更・笑)
↑モチロン、凛ちゃんにそんな気は完全にナイ(笑)

正直、凛ちゃんの時はやばかった〜!!
だって、20歳ソコソコの男女が一つ屋根の下でお酒のんで、
なんも無しでしたからね〜。
ちゅ〜か、お母さんに、あのセリフでsakiに
伏線張られていたのかもね(笑)。

凛ちゃんのお母さんには、ホントよくお世話になりました。
彼氏ではないのに、凄く優しくしてくれました。



あぁ、やっぱり、sakiネタになった(爆)。

ちなみに、sakiと「大阪物語・U」のサブキャラとの話を書くと、
スンゴイ大人の「キャーヽ(〃▽〃 )ノ!!」な話に
なっちゃいますんで、割愛します〜。


posted by saki at 10:28| 静岡 ☀| Comment(0) | 大阪物語・U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。