2006年02月08日

人生。

なんかね、よく
「自分の人生ってなんなんだろう」とか、
「後悔しないように、人生送りたいなぁ〜」とか
「今の人生って中途半端だよなぁ〜」とか、考えたりしません??

sakiは結構、そういう風に考えちゃったりします(・・・だから気分の高低差が
あるらしい)。


確かにね、何事も中途半端でしたよ。
前も書いたことあるけど、「勝手に自分の限界を線引きして、それ以上の努力をしない」
っていう風に小学校の頃から、担任の先生に通知表に書かれていましたし、
なんとなく自覚もしていました。


小学校の頃、4年生の分際でミニバスケット部の6年生のチームに
入らされました。
利き腕が『左』だったし、走力も常に学年5番目(微妙〜)
ぐらいだったので、特に努力無しでレギュラー獲得しました。


中学校のになると、陸上部に所属し、自分の走力を一番活かせる
400Mを専門に練習しました。

当時のsakiの中学は「静岡県・1」のマンモス校でした。
なにせ1クラス45人。1学年13クラスありました。
ですんで、3学年で39クラスでした!!

成績も50点満点で平均35〜40点ぐらいをキープしていて、
「今度こそ満点ねらうぞ!」とか、「学年50番以内」っていう風に
考えなかったですね。
「まぁ、コレぐらいの成績をキープしてればいいかぁ〜」って。


そういえば高校受験のときも、1ランク上の学校を受験するよりも
大した勉強無しで、余裕で受かるからって事で、商業高校を受験しました。

もうね、願書を出してから勉強しなかったですね〜。
余裕ブチかましていましたから・・・。


高校は商業高校だったので、『簿記』は必須科目。
んで、3種類の『簿記検定試験』があったんですよ。

@日商簿記(日本商工会議所・主催)
A全商簿記(全国商業高等学校協会・主催)
B全経簿記(全国経理学校協会・主催)


んで、@の日商簿記の場合1級は激ムズなので、パス。
2級は「工業簿記」が範囲に入るので、勉強がだるくてパス。
3級はイラネー!!って感じでした。

A1級はムリ。「2級なら楽勝〜!!」って思っていたので合格しました。
Bこちらも、1級はムリ。
「2級は、超・楽勝〜!!」って思っていたので、合格しました。

とにかく、「メチャメチャ努力した」とか、「がむしゃらになった」って事が
あんまり無かったです。

強いて言うなら、予備校時代に「英語」の楽しさに目覚めて、
がむしゃらに勉強した時ぐらいかな?
偏差値が3ヶ月で42⇒62まで上がったのは笑えました。


まぁ、彼女とかも普通にいましたし、告白した事もあるし、
告白されたこともあるし、振られたこともあるし、振ったこともあるし・・・。

とにかく、今まで大した荒波もなく、淡々と歩んできました。



そんな平々凡々な人生でしたが、1頭の馬によって大きく意識が
変わりました。

「ワンダリングナイト」

なんで、ココまで固執するのか自分でも分かりません。
ただ、自分の思ったようにしていたら、今の状況になりました。

「努力しなければ、守れない」
「自分が動かなければ、守れない」
「後悔したくない」

そんな思いだったんですよね。


まさか競馬を始めた頃には、自分が一口馬主をはじめるなんて思わなかったし、
ましてや馬を引き取るなんて事は全く考えていませんでしたね。


でもワンダを引き取ってからは、ホントに「今まで以上に頑張らなくては」って
思っています。


今、考える事は、ワンダの次の移動先。

今は水沢の牧場に預けているのですが、そこは養老牧場ではないので、
いつまでもお世話になっているわけにもいかないと思っています。
岩手競馬で活躍する現役馬が休養に使っている牧場なので・・・。


今のsakiの究極の理想は、

「sakiが牧場で働いて、他の馬と共にワンダの世話をする」

ド素人のsakiですし、そんな都合のいい働き場所は
無いんですけどね・・・。

『すみません、私を牧場で働かせていただけませんか?
そしてもし馬房に空きがありましたら、一頭連れてきたいんですけど。
もちろん、預託料は給料天引きでお願いします』

って飛び込み求職・・・・。乗馬クラブでも、養老牧場でも何処でも可!!

そんな風に考えてしまう、ここ最近・・・。


正直、マジでそういった事が実現できるんだったら、その道に行っちゃいそうです。
って言うか、行きますね。


なかなか理解を得られない発言かもしれませんが、
今まで中途半端に、自分自身に線引きしてきたのですが、
ワンダの件に関しては、中途半端は許されない事なんですよね。

一度くらい、自分の信念を貫き通して「やり遂げた」って言う
達成感を味わいたいんですよね。

「自己満足の為にワンダを引き取ったのか?」と思われてしまうかも
しれませんが、うまく表現できないんですけど、確かに自己満足かもしれません。

「死なせたく無いから、引き取った」って事も一種の自己満足だと思うし。

とにかくね、一度だけの人生ですから、自分が死ぬ間際には、
笑顔になりたいじゃないですか!!

猛烈にワガママな自分になっていると思うんですけど、
なんかね、やりがいみたなモノを感じているのはホントです。

sakiぐらいの年齢だと、結婚して家庭を持って、って事が一般的(?)らしいけど、
幸せって個人差ありますよね。

今のsakiの幸せは、自分のやりたいことをして、他人に迷惑をかけずに
人生を生きること。


予備校時代、sakiを英語の魅力に気づかせてくれた先生の言葉。

無事に大学に合格して、講師室でsakiの使っていたテキストに
先生が書いてくれたメッセージ。

Where there is a will there is a way.
(意志あるところには、道がある)

sakiにとっては、座右の銘です。

そして、その「道」は今だと思う。




「格好つけてんじゃねーよ」ってよく言われますが、
それじゃぁ、アナタは、今の自分の人生に満足ですか?
後悔の無い生き方が出来ていますか?
目標を持って生きていますか?

他人の事に口を挟むことが出来るほど、
あなたの人生は凄いんですか?誇れるんですか?と言いたいです。


sakiは、やっと今、見つけたところです。
今、スタートラインについたところです。
先は長いです。
でも負けたくないので頑張ります。



PS.マジで牧場探してみようっと・・・。


posted by saki at 23:32| 静岡 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

sakiさんのことよく知らないのに
コメントするのはどうかとは思ったんですけど・・・

私も色々悩んだことあるので
ちょっと書いちゃおうかな〜なんて(^^ゞ


確かに、毎日目標を持って生きてる人ってカッコいいと思うし
うらやましいと思いますよね。

私もすごくそういう生き方に憧れてました。
だから焦ったりしたこともありました・・・。

でも、目標がない人の人生は、つまらない人生なんでしょうか?


sakiさんが、目標もなく何となく過ごしたと感じる日々でも
その中で素敵な仲間に会ったり、楽しい日があったりしませんでした?
影響を受けるような出来事はありませんでしたか?

もしひとつでもあったなら、
今までの人生を後悔することなんてないと思いますよ。

目標を持って生きていても、
それに夢中で大切なことに気付かないことだって
あるかもしれませんよ〜?


ちなみに私の座右の銘は
「全ての経験は無駄になることは無い」です。

どんな過去でも、“過去”は全て“今”に繋がってるんですよ!d(*^−‘)

今、大切に思えることに出会ったなら
それでいいじゃないですか(^^)

ブログを拝見する限り、私はsakiさんを
好きなことにすごく夢中になれてうらやましい人だなって
思ってるんですけど・・・。


お願いがひとつ・・・
「〜だから〜しなければいけない」ではなく
「〜だから〜したい」って気持ちでいてほしいです。

自分を縛っちゃいけませんよ〜。


う〜ん、( ̄^ ̄)
文章が苦手な上に生意気なこと書いてしまって
すみません〜。
お節介焼きの戯言だと思って下さいな・・・(^^;ゞ
Posted by ヒロ at 2006年02月09日 01:53
こんばんは〜。

いえいえ、こういった風にコメントをいただけて嬉しいですよ。

結構思い込みが激しくて、時々考えが暴走するときがあるんで、
ヒロさんのコメントは、凄くいい『目覚まし剤』になります。

夕べのブログは妙なテンションでしたね。
不適切な表現が、多々あり気分を害されてしまっていたら申し訳ありませんでした。


>目標がない人の人生は、つまらない人生なんでしょうか?

恐らく私は、コンプレックスみたいのがあるんだと思います。
夢を持って頑張っている人を見て、「いいなぁ〜。羨ましいなぁ〜」って思っていたけれど、
目一杯頑張らない自分に「勇気のないヤツ」みたいな気持ちでいたんだと思います。
んで、結局は自分の責任なのに「人生ってつまんないよな〜」って勝手に
被害妄想しちゃったりして、自己嫌悪になって『ネガティブ・ループ』にハマリます・・・。


確かにこうしてブログを書いていると、色々な人が見ている訳で、
みんなそれぞれ色んな考えがあるんでしょうけど、せっかく『コメント欄』があるのに、
わざわざPCメールで、発言してくる人がいまして・・・。


ちゅ〜か、ワンダを引き取ったことは「イイ事」なのか「タブー」なのかは、
正解はないと思うんですけど、それをキッパリと『タブー』だと言い切り、
色々と語ってくれるんですが、
sakiの人生はsakiの人生なんだから、そこまで干渉して語るなよ!って
ちょっとイライラが溜まっちゃっていました。
まぁ、そういった内容のメールがボチボチ送られてくるんで・・・。


>目標もなく何となく過ごしたと感じる日々でも・・・

恐らく、私は心に支柱がないと駄目な人間だと思います。(性格的にね)

ですんで、その対象が「友達」であったり「彼女」であったり「競馬」であったりと
とにかく、心の中に「何か」無いとだめなんですよ。

ですんで「心の空白」の時は、「無関心・無感動」の嫌なヤツだと思います。

今は色んな人に支えられて、そんなことは全くないんですけど、
過去を振り返ると、そんな風に自分自身感じます。


>それに夢中で大切なことに気付かないこと

この事もよく言われます(泣)。
一つのことしか出来なんですよね・・・。
器用に複数の事柄をこなせないんですよ。
ですんで、多々痛い目に合ってます。
まだまだ進歩がないです。


>お願いがひとつ・・・

ありがとうございます。
そうなんですよね。虚勢張っている感じをうけますよね。
もうちょっとリラックスして物事を考えないといけないですよね。
なんか、まだ心に余裕がないのかもしれませんね。



たくさんの色んなアドバイスありがとうございます。
また、思い込んでしまって暴走気味になってしまった時は、
はっきりと話していただけたらと思います。

本当にありがとうございました。
今後とも宜しくお願いいたします。

Posted by saki at 2006年02月09日 19:34
いえいえ、とんでもない・・・!

私、そんな大した人間じゃありませんから(笑)
ただ、頑張りすぎて折れちゃった人を何人も見ているので、もっとリラックスしてほしいなと思ったまでです。

だから“ 頑張れ ”とは言いません。

陰ながら応援させていただきま〜す(o^ー‘)b
Posted by ヒロ at 2006年02月09日 22:39
今回ばかりは、自分自身の気持ちに折れるわけにはいきませんからね〜!!
(あ、これも、意気込み過ぎですか?)

リラックスって難しいですね・・・。

競馬好きな人の中にも、私みたいな人間もいるので、
ワンダの記事は「競走馬のanother story」として考えていただけたら、と思います。
Posted by saki at 2006年02月09日 22:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。