2005年12月20日

大阪物語I(デート篇 Part 3)

なんだかんだで、すでに10回目となる大阪物語。

sakiの超・恥ずかしい過去の恋愛を語っております(照)。
もうずいぶんと昔の話なのですが、誰しも忘れられない恋愛って
ありますよね〜?

そんな訳で、あと何回この話を書くか、わからないけど言ってみよう〜!!


<大阪物語I>

天王寺動物園を後にしたsaki達は、次なるプランを考えておらず、
「どうしよっかね〜??」の連発・・・。

普段は完璧なデートプランを作成し、それにしたがって行動するのだけれども、
地元民・マユの前では、本とかに載っているデートプランでは、
無意味・・・┐( ̄ヘ ̄)┌

そこで「大阪観光」に路線変更・・・。(所詮、sakiは田舎もんだしね)。



向かった先は「通天閣」・・・ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
えぇ、観光人丸出しです・・・。

だって行ったことなかったし、せっかく大阪に住んでいるんだから、
一度ぐらいはいってみたいじゃんよ〜!!

展望台には「びりけん」さまが祭られていました〜。


んで、一通り景色を眺めて、終わり・・・。(あんまり記憶ない・爆)。
その後、ご飯を食べに行ったのかどうかも、記憶が曖昧・・・。


で、こっからまた超・鮮明に記憶があるんですけど、
二人が次に来た場所は「天王寺公園」。
日が暮れて、暗かったのをおぼえています。







































(o゜◇゜)ノ暴走モードいいですか??

で、こっから、超・恥ずかしいプランの開始でしたヽ( 〃▽〃)ノ

あのですね、マユとは毎日ラブラブな電話をしていたんですよ・・・。

マユの希望で、初めてのデートの時は、お互いに宛てた手紙を
書いて渡して、その場で読もうってプランでして・・・。

えぇ、書きましたよ、ラブレターってヤツを・・・。
もうね、完全に勢い任せで書きましたね〜。

sakiの中高生の頃って、手紙の交換が流行っていまして、
授業中とかは隣の人つたいに相手の席へ渡してもらったり、部活しているときは、
かばんのサイドポケットに入れてたりして、渡し・渡され、下校時に読んだりと
そんな感じでやりとりしていましたね〜。

でもね、ハタチ過ぎて書くラブレターってのは、一味違いますよ!!

みなさんも今の年齢で真剣なラブレターを書くと、凄い内容の文に
なりますよ、きっと・・・。

やっぱり、手紙は「王道」ですよ〜!!


そんな訳で、お互いに宛てたラブレターを読みまして・・・。

読むほうも、読まれるほうも、自分の書いた手紙が読まれているって
恥ずかしさよりも、今読んでいる手紙の感動の方が強くて・・・。

隣で読んでいたマユが、ギューって抱きついてきたんですよ。
しかも、泣いちゃってました。

sakiもね、ジーンときちゃっていた訳ですよ・・・。

言葉もそうだけど、はっきりとした形で「愛」が表現されると
こんなにも、気持ちは伝わるんだ〜って思いましたね。



もちろん、ギューってしてあげましたよ〜(* ノノ)

月9ドラマなんてメじゃないぐらいにね〜(* ノノ)

周囲の目なんて気になりませんでしたよ〜(* ノノ)

ちゅ〜か、周りもカップルばっかりだし〜(* ノノ)


本気で力加減無視で、ギューってしちゃいましたね・・・(*/∇\*)
んで、まぁ、これだけ、お互いの気持ちがMAXになってしまっていたので、

(  )')chu〜
しちゃった訳でして・・・。初デートなのに・・・(〃▽〃)ゝ”

First・kiss並みに照れましたね・・・。
頭が真っ白って感じ??忘れていたよな〜、こんな気持ち・・・って
感じでしたよ。

「俺って、まだまだこんなに人を好きになれるんだ〜!!」って
凄い気持ちが満たされたのを、憶えています。


どれくらい公園にいたのかなぁ〜?

はっきりとは憶えていないんだけど、
マユのお母さんはちょっと足に障害を持っていて、
あんまり遅くまで外出出来ない事は知っていたので、もっと一緒に居たかったけど、
「これからもずっと二人の気持ちは変わらないでいられる」って確信できたので、
JR天王寺駅へ行ってマユの家の最寄り駅まで送っていきました。

改札で別れるまで、ずっと手を繋いでいて、単なる在来線なのに、
完全なる「シンデレラ・エクスプレス」状態のカップルでしたね(爆)。

で、感動の余韻に浸りながらsakiは帰宅の途につきました。





そんな訳で、sakiの大阪での初デートの話はこれで終わりです〜ε=( ̄。 ̄;A
あぁ〜、恥ずかしかった〜(>_<;)
しかし、何度も言いますが、全部実話ですから!!んで、記憶も確かです〜。

みなさんも、一度、自分が体験した「大・恋愛」を思い出してみては
いかがでしょうか??
きっとあの頃の自分の気持ちや、今の成長を確認できると思いますよ〜。



次回ですが、みなさんすみません!!

もうちょっと、この「お惚気」話は続きます。
ってゆ〜か、続けないと「大阪物語」の出演準備者がまだまだいますんで。
カユイ話ばかりですが、もう少しお付き合いください。m(_ _;)m


次回タイトル(予定)は「sakiの至福の日々」です。


posted by saki at 08:46| 静岡 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 大阪物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キタ━━━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━━━!!

ほらほらほらほら〜
来ちゃったよ来ちゃったよ〜
やっちゃったよ〜(笑)

たしかにね、
手紙っていうアイテムは
ストレートに気持ちが来ますよね。
今はメールの時代ですから、
なかなか手紙って書かないけど、
すだちにも
手紙のやり取りを頻繁にしてた
ラブラブ時代がありますよ(〃▽〃)

「シンデレラ・エクスプレス」状態な
経験もあったりして(〃▽〃)キャー♪

思い出しただけでもカユイ(笑)
でも、、、いい時代だったな・・・(シミジミ
Posted by すだち at 2005年12月20日 17:33
(´∇`)手紙かぁ〜。
カワイイ便箋探してさ〜、
色々な形に折ってみたりして。
ありましたわ。

ていうか、結構いい大人になってもやってましたが( ̄∇ ̄)ゞ

なつかしい(人の話なのにね。)やら、カユイやら(笑)
いいですよ〜『大阪物語』
Posted by めめ子 at 2005年12月20日 22:08
ぶっちゃけ、大阪物語にコメントいただけると嬉しいですね〜。「もしかして、みんなドン引きしてる??」って不安になるんで・・・。


すだちさん

(;〃▽〃)ゝ”どうもどうも。
めっちゃ照れますわ!!
完全に「お約束の展開」ですよね〜(笑)。
でも、この展開こそ「王道」ですから〜!!

で、やっぱり手紙ってイイモンですよね〜。
恐らく、実家の押入れには中学・高校の時の彼女の手紙かまだ残っていたりして・・(爆)。

さすがに、読み返せませんが、妙に捨てられないし、やっぱり大事ですからね〜。

手紙のやり取り&シンデレラエクスプレス経験者に悪い人はいません〜(キッパリ)。

補足:
やっちゃったよ〜(笑)
>「その日」は、●ってませんから(自爆)。


めめ子さん

(*ノ▽ノ)どうも〜。
女性にコメントをいただけるとは(照)。

手紙の折り方は、クラスの女子に教わっていましたよ(笑)。
て、ゆ〜か、どこでみんな覚えるんですか?
あんな複雑な折り方・・・。

大人になっても手紙のやり取りできる、めめ子さんは、純愛路線まっしぐらですね〜!!
いつまでも純な気持ちを大事にね〜!!

じゃ、めめ子さんの「○○物語」を期待しちゃいますか〜"\( ̄^ ̄)゛
Posted by saki at 2005年12月21日 07:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。