2005年12月01日

大阪物語H(デート篇 Part 2)

もう12月ですね〜!!ホント一年って早いですよね〜。
特に競馬を始めてから、あっという間に時が過ぎて行きますね。
さてさて、今年もイロイロあったけど、「終わりよければ全てよし」
って、感じでみなさん頑張っていきましょう〜( ̄0 ̄)/

んで、今日は「大阪物語」を書こうかと・・・。
でもね〜やっぱり恥ずかしいっすね〜(笑)。
特にsakiを知る人達に・・・。

でもまぁ、当時の友人達に言わせれば、現在も、全く考え方とか行動が
変わっていないそうです・・・。
成長して無いの??もしかして・・ Σ(゚д゚lll)ガーン



<大阪物語H>

待ち合わせは、JR天王寺駅の改札口。
約束の時間に表れた彼女。sakiは、もうパニック状態。

気持ちがモロに態度と表情に表れていましたね〜。
「彼女の為なら死ねる」状態になってしまいましたから(照)。


彼女の名前は『マユ』。看護士の学校に通っていました。
sakiより1歳年下でした。背丈はミニモニに入れるぞ!!ってぐらいでした。


んで、確かとりあえず「飯でも・・・」って事になって、
天王寺駅前のビルに行って「お好み焼き屋」へ入りました。

で、そこでまさに「大阪人」を披露してくれたマユ。
焼くのが上手い!!手際よくパッパとひっくり返し、すぐさまお皿へ。

おまけに「たこ焼き」も注文して自分達で焼くのですが、
「プロ並み」に焼いていく姿が、凄く印象的でした(どんなんや!!)。

一応、格好付けようとチャレンジしたのですが、元々手先が不器用なsakiは
あっと言う間に道具を奪われ、大人しくマユの焼くお好み焼きとたこ焼きを
待っていたのでした・・・。

てか、初めてのデートで、すぐさま主導権を握られるsakiって・・・(爆)。


やっぱりお腹が満たされると、なんか会話が弾みますよね。
お互い、しゃべるのが嫌いじゃないんで、マシンガントーク炸裂しまくり
でした。(笑)。

で、その後は、約束していた天王寺動物園に向かいました。

当時もしっかり『雨男』なsakiでしたが、マユは『晴れ女』だったのかどうか
わからないけど、天気は快晴でした〜。


入場券買って園内に入って、進路どおりに動物を見て行きました。

sakiの心は完全に『激愛』でしたので、ちょっとした会話も
ドキドキして、笑顔満開でしたね〜。
連日連夜の電話でマユも、気持ちは分かってくれていたようで(多分)
お互いの会話はしっかりとキャッチボールできていました(恐らく)。

ちなみに、すでに手は繋いで歩いていました・・・(* ノノ)キャ


てか、いいじゃんよ〜!!好きなんだからさ!!
マユだって、喜んでいてくれたし!!(多分ね・・・)。
ちょっとぐらい強引に、引き寄せたりしてさ〜。
寄り添って歩いていたわけですよ!!
もうね、目一杯、態度で愛情を表現していたわけですよ!!

※もう、ヤケクソ気味に語ってるな、俺・・・。


それで、愛情満杯の態度と至福の会話をしながら一通り園内を回って、
動物園を後にしました。

もうね、動物園を出る時には、いわゆる『馬鹿ップル』状態でしたね。
でもさ〜、当時は初めてのデートで、ここまで打ち解けたのって無かったかも。

sakiも中学・高校と、それなりに恋愛してきたけど、なんていうか、
お互いに「今までの恋愛で学んだことを実戦してる」って感じのデートだった様な
気がするなぁ〜。

だから、お互いすぐに打ち解けて、楽しい時間が過ごせたんだろうなぁ〜。


さてさて、動物園を後にしたけれど、まだまだデートは続きます!!
『sakiのドキドキデートPart 3』へ続く・・・。


posted by saki at 07:13| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。