2007年03月13日

Automatic

人は誰でも、一年に何日かは忘れられない日があると思う。


sakiにとってその中の1日が今日、3月13日なのだ。


3月13日。sakiとTの初デートの日。

全てはこの日から始まった。


もう随分と昔の事だけれども、当時の事はよく覚えている。

男性恐怖症であったTに、心を開いてもらうまで時間がかかったと記憶している。

そしてやっとデートの約束を取り付けれたsakiは、
中学生のように、前日から落ち着かなかった。
それだけ、待ち望んだデートだった。

sakiがTに心を奪われたきっかけも、よく覚えている。

今までの人生は、大した努力をしないで、ソコソコなんでも
こなしていた。
努力しないで、平々凡々と過ごしてきていた。

しかし、Tは違っていた。

自分自身の為に目一杯努力し、周囲の反対をも
自分の気迫で跳ね返し、ドンドン前に進んでいく行き方を
していたのだ。

その姿を見た時、「Tの生き方を見習わなくては」と感じ、
会話を重ねる度に、どんどん魅かれていったのだ。


Tはsakiのどこが気に入ってくれたのかは、よくわからない。

ただ、初デートの時、Tは普段とは違う雰囲気をしていて、
sakiはさらに魅かれていった。

今まで色んな恋愛をしてきたが、Tとは「集大成」としての
恋愛だった。

Tが喜んでくれる姿が、sakiの幸せだった。

もう、何年も前の事。




今朝、どういうわけか、Tからメールが来た。

「この日は一生忘れられない日」だと伝えてくれた。

Tもまた、この日をずっと覚えていてくれていたのだった。

それだけで、今日の気持ちが救われた気がした。


別れてからも、お互い色んな恋愛をしてきた。


こんな風にブログに書いてしまうことは、
Tへの未練といわれればそれまでだが、
それぐらいsakiにとっては、集大成な恋愛だった。


今もなお、自立心を持ってTは、毎日を頑張っているらしい。

Tに恥じない生き方をsakiもしていかなくてはいけないと思う。


当時二人でよく聴いていた、宇多田ヒカルの「Automatic」。

今日一日、ずっとこの曲を聴いていた。


今日だけは、あの日の事を思い出し、
今の自分を奮起させる原動力としたかった。

また明日からは、いつもの生活が始まる。


何の為に頑張るのか・・・

自分は何の為に存在しているのか・・・

自分を奮起させるものは何なのか・・・

まだまだ答えは見出せない・・・。


posted by saki at 20:33| 静岡 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。